『なおす』

【写真】京都市 伏見区 伏見稲荷大社 千本鳥居

 「なおす」は、関西弁で「片付ける」という意味で間違いありませんが、「元々保管場所が決まっているものを元の場所にしまう」というイメージです。

 関東では片付けることを「かたす」と表現します。そして、関東弁「かたす」のほうが、関西弁「なおす」よりも、厳密には広い意味で使えるはずです。
 というのは、例えば、部屋の掃除をしたときにゴミが出てきたら、「このゴミ、かたしておこう。」と表現できますが、「このゴミ、なおしとこう。」は少々違和感があります。これは、冒頭で説明した通り、「なおす」は定位置が決まっているものを元の場所に戻すイメージがあるためです。

 ちなみに、「修理する」という意味の「なおす(直す)」は標準語であり、関東でも関西でもフツーに使われます。そのため、関西地域で「それ、なおしといてや」と言う場合、ときにややこしい状況が想定されます。
 例えば、部屋に壊れたおもちゃが置いてある状況で、「それ、なおしといて」と言われたら、それは「修理する」の意味なのか、「元の場所に戻す」の意味なのか、話し手によく確認したほうが良いでしょう。(というより、最初から「それ、修理しといて」とか「それ、片付けといて」と言ったほうが誤解は少ないでしょうけど)

 というわけで、関西弁ならびに京言葉「なおす」の意味、アクセント、例文を以下に記載します。

 

なおす

 【意味】片付ける、しまう(元の場所に)

アクセントは以下の通りです。(H:高音 L:低音)

HHH
なおす

【例文】 ※アクセントは参考程度にしてください。

LHL HHLL HHHHHHH
おもちゃ きちんとなおしといてな。
(おもちゃ、ちゃんと片付けておいてね。)

HH HHLL、LLLL HHHHHHL
この セーター、タンスに なおしといてや。
(これ、タンスにしまっておいてね。)

 最後に、大阪のおっちゃんによる「なおす」の解説動画をご紹介します。-【関西弁講座】 大阪おっちゃんねるより-

 

ほな、おおきに☆彡

Kikujiro

【参考文献】
 「京ことばの辞典」大原穣子 研究社


国際交流ランキング

目次に戻る【京ことば(京都弁)のページ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *