『なんぎ』

 これは意味が広いので、マジで使い易い言葉です。知らんけど。
漢字を読むのはちょっと難儀かもしれないです。

難儀(なんぎ)
【意味】①困った ②苦労する ③煩わしい

アクセントは次の通りです。(H:高い音 L:低い音)
HLL
なんぎ

HLLL HLL HL
なんぎな やっちゃ なぁ(難儀やっちゃなぁ=困ったやつだな):意味①

HH HHLL, HLL HHHL
この ごじせい、なんぎ しますわ(この御時世、難儀しますわ):意味②

HLLL HHHL LLHL
なんぎな よのなか ですなぁ(難儀な世の中ですなぁ):意味③

※タイトルの『なんぎなこっとすわ』=『難儀な事ですわ』であり、意味は①です。ちなみに語尾の『~わ』は関西弁によく見られる表現で、標準語では『~よ』に当たります。これによって表現に柔らかな雰囲気が加わります。
【例】
 関西弁:『知らないんですわ』=標準語:『知らないんですよ』
 関西弁:『今日仕事なんですわ』=標準語:『今日仕事なんですよ』

 最後に大阪のおっちゃんによる関西弁講座「大阪おっちゃんねる」による関西弁のアクセント講座をご紹介します。僕がここでお伝えしたかったのは、今回のテーマである「難儀」のアクセントと用例です。この動画はクイズ形式になっており、さっそく第一問から「難儀」が登場しますので、そこだけでも是非ご覧ください☆彡

ほな、おおきに。

Kikujiro

//

【本記事の参考文献】
「もっと!もっと!京ことば」 <秋>
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社


国際交流ランキング

次のページ 『おおきに』

前のページ 『ぼちぼち』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *