『ぬかす』 

ここでいう 『ぬかす』 は、追い越すという意味の『抜かす』ではありません。

漢字で書くと『吐かす』になります。字体の通り、キレイな言葉ではないですね。

そんなわけで、京ことばにも卑語はあります。

ぬかす

【意味】 言う (←卑語、スラング)

アクセントは以下の通りです。(H:高い音 L:低い音)

HHH
ぬかす

【例文】 ※アクセントは参考程度にされてください。

(例文も卑語になってしまい、すみません。)

LLH、LL HHHHLLL、LH!
おまえ、なに ぬかしとんねん、ボケ!
(おまえ、なに言ってるんだよ、バカ野郎!)

ご参考までに、大阪のおっちゃんによる解説動画【関西弁講座-大阪おっちゃんねる- 】をご紹介します。

 この動画では 『おんどれ』 (おのれ、おまえ)という言葉の解説を目的としていますが、「ぬかす」という言葉も登場しており、実用例を聴くことが出来ます。

 とはいえ、卑語なので使う機会はほとんどないと思います。

 むしろ、あなたが誰かに「ぬかすな!」 とか「なにぬかしとんじゃ!」などと言われた場合、相手はかなり怒っている可能性が高いです。その時は、あなたに何か落ち度が無かったかを冷静に考えた上で、対応してください。

 動画の中で、おっちゃんが「しばく」は関西弁なのかどうか疑問やと述べていますが、「しばく」は京ことばの一つです。ですから、これは関西弁になります。

「しばく」のアクセントはHHH、意味は「たたく」です。

「ぬかす」と「しばく」に見られるように、関西弁の動詞三文字は、フラットな発音になる傾向があります。
(例) 「はしる」「たべる」「おきる」「わらう」「おこる」など

ほな、またね。

Kikujiro

//

【参考文献】
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社


国際交流ランキング

前のページ 『キョービ』

次のページ 『かなん』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *