『ほんで』

 これは関西人がよく使うフレーズのひとつです。

 なぜかというと、それが関西の文化として根付いた言葉であるというだけでなく、皆できればラクに喋りたいと思うからです。せやから、「ほんで」が ようけ使われているわけですわ。知りませんけど。

 実際、「それで」と言うより「ほんで」と言うほうがあまり口を動かさなくて済みますので。

 というわけで、ここまでご紹介してきたように、関西弁にはラクに話せるフレーズが結構あります。「ほんで」もまたそのひとつです。

 それでは、言葉の意味とアクセントを改めて確認しましょう。

ほんで

【意味】それで

アクセントは以下の通りです。(H:高い音  L:低い音)
※こちらは京阪式アクセントです。地域によって異なることがあるので、参考程度にされてください。

HHH(※フラットに発音)
ほんで

【例文】

LLL、HH LHLLL?
ほんで、これ なんやねん?
(それで、これは何なんだ?)

LLL、LHLL HLLLHHHHLLL?
ほんで、オカンが キッツー言いよんねんわ。
(それで、母さんがきつく言うんだよね。)

 最後に、大阪のおっちゃんによる関西弁の解説動画をご紹介します。(出典:【関西弁講座】 大阪おっちゃんねる)

「ほんで」という言葉の実際のアクセントと具体的な使用例はコチラで確認してみてください。

ほな、またね☆彡

Kikujiro

//

【参考文献】
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社


国際交流ランキング

前のページ 『おこしやす』

次のページ 関西弁『~てん』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *