『エライ』

 『エライ』には、副詞、形容詞としての機能があります。これはとても使いやすい言葉です。

『エライ』の意味

・副詞 :①とても、すごく
・形容詞:②大変な、③すごい、④つらい、苦しい

※副詞:動詞または形容詞を修飾する語句
※形容詞:名詞を修飾する語句

【例文】

・一日中ほっつき歩いたさかい、エライ疲れたわ。【①】
(一日中あちこちを歩き回ったから、とても疲れた。)
・あんたは起きるのがエライ早いなぁ。【①】
(あなたは起きるのがとても早い。)
・あの人、エライ男前やなぁ。【①】
(あの人、すごくかっこいい。)
・失敗したらエライことになる。【②】
(失敗したら大変なことになる。)
・お前、親孝行してエライやんけ!【③】
(君は親孝行して立派だ。)
・あの先生はとてもエライ(偉い)。【③】
(あの先生はとても優秀である。)
・昨日あんま寝てないし、今日はエライわ。【④】
(昨日あまり寝ていないから、今日はつらい。)

①と④の意味を含めて、次のような言い回しも可能です。
一日中ほっつき歩いたさかい、エライエラかったわ」 
(一日中あちこちを歩き回ったから、とても苦しかった。)

 ちなみに、④のエライは「しんどい」と同じ意味ですので、「エライしんどかったわ」と言うと、「とてもつらかった」という意味になります。

 以上、「エライ」は日常生活の中でエライ使いやすいと思いますので、是非使ってみてください。

 イントネーションについては大阪のおっちゃん(大阪おっちゃんねるさん)の動画を参考にされてみてください。言葉についても分かり易く解説されております▼▼▼

ほな、おおきに。

Kikujiro

//

【本記事の参考文献】
「もっと!もっと!京ことば」 <夏>
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社


国際交流ランキング

次のページ 『なんぼ?』

前のページ 京都弁の助動詞『はる』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *