『セーダイ』

 広辞苑によると、「せいだい(盛大)」の意味は以下の通りです。

【せいだい(盛大)】
  集会、儀式などが盛んで大きいさま。極めて盛んなこと。

 (例)「盛大に祝う」「盛大な拍手」

 一方、京ことばにおける「セーダイ」の意味は以下の通りです。

【セーダイ】
   一生懸命、うんと、精を出して。

両者の言葉は似ていますが、「セーダイ」と「せいだい(盛大)」の由来に繋がりがあるかどうかは不明です。

「セーダイ」のアクセントは以下の通りです。
(H:高い音 L:低い音)
※アクセントには個人差や地域差があります。

LLHL
セーダイ

(標準語:「せいだい(盛大)」のアクセントは LHHH )

【例文】 (アクセントは参考程度にされてください。)

LLHL、HHHHHHHHHH
セーダイ、気張らしてもらいます。
(精を出して、頑張らせてもらいます。)

LLHL、LLLH!
セーダイ、おきばり!
(一生懸命、頑張って!)

LLHL、LLLLHL!
セーダイ、おきばりやす!
(一生懸命、頑張ってください!)

 また、現在の大阪では『セーダイ』が使われているかどうかを大阪のおっちゃん(YouTube関西弁講座 -大阪おっちゃんねる-を運営している御方)にお尋ねしたところ、この言葉は年配者の方に多く使われていて、30代以下にはあまり使われていないようです。

 ただ、「一生懸命、頑張って!」よりは、「セーダイ、お気張り!」のほうが、短く言えて、柔らかい印象もあるので良さそうな感じがします。知らんけど^^。

※ちなみに『尋ねる』は、京都弁で『たんねる』と言います。

ほな、おおきに。

Kikujiro

//

【本記事の参考文献】
「もっと!もっと!京ことば <夏><冬>」
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社


国際交流ランキング

次のページ 『なんや 知らんけど』

前のページ 『エエアンバイ、アンバイヨー』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *