All The Things You Are -君は我が全て-

早速ですが、ジャズの名曲を一つご紹介しましょう。 

個人的に、この曲は冬っぽい感じがします。主人公は意中の彼との出会いを待ちわびている少女。いや、少女とは限らないですね。婦人、オバハンかも分かりません。ここで主人公を女性だと想定している理由は後述します。

 

『All The Things You Are』

作詞:Oscar HammersteinⅡ
作曲:Jerome Kern

Time and again I’ve longed for adventure
(幾度となく冒険を待ち焦がれていた。)

something to make my heart beat the faster.
(胸の鼓動が高鳴るような。)

What did I long for? I never really knew.
(何を切望していたの? 自分でも分からなかった。)

Finding your love , I’ve found my adventure.
(あなたに恋をして、その冒険に気づいた。)

Touching your hand, my heart beats the faster.
(あなたの手に触れて、この胸の鼓動は高鳴る。)

All that I want in all of this world is you.
(この世界であなたこそが私の全て。)

You are the promised kiss of springtime that makes the lonely winter seem long.
(あなたは希望に満ちた春の接吻のよう。寂しい冬を長く感じさせる。)

You are the breathless hush of evening that trembles on the brink of a lovely song.
(あなたは息もつけない夜の静寂のよう。素敵な恋の歌の始まりを思わせる。)

You are the angel glow that lights a star.
(あなたは星を照らす天使のような輝き。)

The dearest things I know are what you are.
(あなたが私にとって何よりも大切なの。)

Some day my happy arms will hold you.
(いつか、至福に満ちたこの両腕であなたを抱きしめたい。)

And some day I’ll know that moment divine.
(そして、その素晴らしい時がいつか訪れるでしょう。)

When all the things you are, are mine!
(あなたの全てを手に入れられる時が。)

//

冒険のような恋物語
 その人は心底ワクワクする冒険との出会いに思い焦がれていた。いつしか、その冒険は『恋』であったことに気付く。そして、彼女は愛する人を何よりも大切にしていることを実感する。会えない時間に彼を想い、もどかしさに胸を締め付けられながら、未来への希望に胸を膨らませる。

 さて、冒頭で述べた通り、この歌の主人公を女性にしている理由を説明しますと、歌詞に使われている”divine”という言葉(形容詞)は基本的に女性言葉として使われているからです。『神聖な、素晴らしい』という意味です。ちなみに、歌詞の中では言葉の並びが moment divine となっていて、名詞:moment(瞬間)の後ろに形容詞:divine(素晴らしい)が続いています。英語では通常、形容詞は名詞の前に付きますが、ここでは形容詞が名詞の後になっています。こうなるパターンは幾つか存在しますが、この場合は divineの意味を強調するためだと考えられます。
 他に女性言葉の例を挙げると lovely があります。美しい景色を見て、「How lovely!(なんて素敵なの!)」と言ったりします。アニメで言えば、魔女の宅急便の英語版(Kiki’s Delivery Service)で、キキが旅先の街並みを初めて見たときにこの表現を使います。

▼筆者がオススメする歌手:Connie Evingson▼

ちなみに、この曲の詳しい解説は、菊地次郎の著書に書かれています。

▼興味のある方はクリック▼ 宜しゅうお頼み申しますm(_ _)m 

ほな、またね。

Kikujiro

//





音楽評論ランキング

他のページ

I’ve Never Been To Me

The Days Of Wine And Roses -酒とバラの日々-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *