『あかん、あきません』

これは全国的に有名な関西弁ですね。

あかん
【意味】だめだ、いけない。

あきません
【意味】「あかん」の丁寧語。「あきまへん」とも言う。

アクセントは以下の通りです。(H:高い音 L:低い音)
※始めから同じ高さの音が続くのは関西弁アクセントの特徴です。
HHH
あかん
HHHHH
あきません

(例文)
・そんなん言うたらあかんがな。(そんなことを言ったらダメだよ。)→丁寧語:そないなこと言わはったらあきません。

・そら、やらなあかんわ。(それは、やらないといけないよ)→丁寧語:そら、やらんとあきませんわ。

【由来】
 「あかん」という言葉の由来は、京都の行事「競べ馬(くらべうま)」にあります。これは上賀茂神社の境内の一画に200メートル程の馬場の周囲に柵(←これを「埒(らち)」と言う)を設け、舞衣装を着用した騎手が2頭1組で競争する行事です。この「競べ馬」の本番前に馬を埒(らち)の中に入れ、馬場に慣れさせるのに時間が掛かることから、待たされる観客のイライラした気分を「埒があかない」と表現するようになったと言われています。

 ※埒が明かない・・・物事の決まりがつかない。事がはかどらない。ずっともたもたしているという意味の慣用句。ちなみに「埒も無い」は、筋道や理由が無く、とりとめがない。たわいもないという意味の慣用句。
 ※「競べ馬」は「葵祭(あおいまつり)」に先立って、毎年5月5日に行われます。(葵祭は毎年5月15日に実施されます。京都三大祭りのひとつです。)

 最後に、大阪のおっちゃんによる関西弁「あかん」の解説動画をご紹介します。【「大阪おっちゃんねる」より】 

ほな、おおきに。

Kikujiro

//

【本記事の参考文献】
「もっと!もっと!京ことば」 <春>
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社
「新版  京都・観光文化検定試験 公式テキストブック」  淡交社


国際交流ランキング

次のページ 『ぼちぼち』

前のページ 関西弁の形容詞の特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *