語彙のある会話は中々オツなものだ

カイは久しぶりにヤスに会った。
二人は社会人10年目で、旧友同士である。

カイ:よぉ!ヤス!久しぶり!
ヤス:カイ!元気にやってたん?

カイ:なんとかな。仕事は毎日、東奔西走みたいな感じやけど。
ヤス:忙しそやなぁ。”東奔西走”って聞くと、初音ミクの千本桜みたいやな。

カイ:そっちは、仕事の方はどうなん?
ヤス:俺は相変わらず、得手勝手にやってるで。

カイ:いや、それはアカンやろ!?
ヤス:冗談やって(笑)!ちゃんと相手の都合とか立場は考えてるし。

カイ:傍若無人に振舞ってたら、不協和音を奏でるだけやで。
ヤス:せやけど、カイはゆるく構えていて、行雲流水な感じがするなぁ。

カイ:・・・俺は仕事に執着心が無いみたいに言われてるけど。まぁ、言い得て妙かもな(笑)。俺としては、邪念が無く、落ち着いて、”明鏡止水”のつもりなんやけどな。
ヤス:仕事中、何考えてんの?

カイ:ジャズソングのベースのフレーズ、夜に観たいアニメとか映画、飲みたいお酒、地球環境と人種差別の問題解決・・・かな。
ヤス:邪念だらけやないか!最後だけモノスゴイ立派やけど!

カイ:あぁ、それでエンジンの掛かりが遅いんかな?でも、”窮すれば通ず”って言うからな。むつかし仕事の場合、期限が迫ってくると解決策が見えてくることもあるよ。
ヤス:・・・いや、その前に、邪念を捨てや。

カイ:ヤスは仕事中、何考えてんの?
ヤス:橋本環奈ちゃん、有村架純ちゃん、ガッキー、深キョン・・・かな。

カイ:お前も邪念だらけやないか!・・・ってか女優さんばっかりやんか!20代前半から30代後半まで網羅してるし!
ヤス:みんなCMに出てくることが多いしな。CM女優起用ランキングにも、きっと名前挙がってるよ。

カイ:そやなぁ。皆さん、お芝居もようけやってはるし、”花も実もある”方々のはずやわ。個人的にはガッキーの雪を欺く感じが好きやけど。
ヤス:まぁ、ガッキーは化粧品のCMにも出てはるからな。あんな綺麗な女優さんを嫁さんに出来たら、願ったり叶ったりやわ。

カイ:音に聞くような女優さんと結婚するには、かなりの経済力が必要やと思うで。
ヤス:あぁ~、俺もそう思うわ。女優さんと結婚することで、二人の生活水準が下がるようになったら、経済的に足を引っ張っぱることになるしなぁ。まぁ、現状、結婚そのものが雲を掴むような話やけども。

カイ:あぁ~、お前彼女と別れたらしいなぁ。風の便りに聞いたけど。
ヤス:なんで知ってんの!?

カイ:まぁ、ヒロから聞いてんけどな。
ヤス:風の便りちゃうやん!ヒロからしっかり聞いてるやろがい!

カイ:どのように別れるに至ったのか、話の触りだけでも教えてくれる?
ヤス:いや、そらかなんわ。まぁ、端的に言うたら、”音楽性の違い”かな。

カイ:そうかぁ。やっぱ性格が合わんと、パートナーとしてはむつかしかぁ。
ヤス:カイはどうなん?

カイ:俺は・・・ご無沙汰やわ。まぁ、俺の恋愛力なんて一知半解やけどな。
ヤス:恋愛力って何?そんな言葉初めて聞いたわ。まぁ、女心と秋の空って言うし、女性の気持ちが分かれば俺らも苦労はせぇへんけどな。

カイ:おい!それは女性差別やぞ!?男心と秋の空っていう慣用句もあるからな!これも忘れんといて!ホンマ!
ヤス:スマンスマン。まぁ、お互い、心は変わりやすいっちゅうことやな。

カイ:パートナーのことは尊重せなアカンよ。例えば、ななチキを食べたくなって、セブンイレブンに行くときは、自分の分だけやのうて、彼女の分も買わんと。つまりは、一挙両得の意識が必要やわ!
ヤス:・・・その四字熟語の使い方は正しいんか?むしろ、セブンイレブンに行くなら二人で一緒に行ってもエエんちゃう?はたまた、お前が一人で行くなら、彼女が欲しいモンを事前に聞くとか。彼女もお前と同じように、ななチキが食べたいとは限らんやろ。揚げ鶏のほうが好きかもしれへんで?

カイ:お前、細かいなぁ。まぁ、カッコエエこと言うても、俺も女心が分かってないしな。さっき言うた通り。
ヤス:まぁ、”まかぬ種は生えぬ”って言うし。お前も社会的な成功とか結婚とか、目標があるなら精神的にも経済的にも日進月歩したらエエやん!

カイ:お前もやろがい!なんで上から目線なん!?
ヤス:俺のほうが恋愛力は高いし。

カイ:恋愛力ってなんやねん!初めて聞いたわ!
ヤス:・・・お前が先に言うたんやろがい!

//

【語句】

・東奔西走(とうほんせいそう)・・・あちらこちらと忙しく駆け回ること。
・得手勝手(えてかって)・・・他人に構わず自分の都合ばかりで行動すること。
・傍若無人(ぼうじゃくぶじん)・・・他人などいないかのように勝手に振る舞うこと。
・不協和音(ふきょうわおん)・・・一部に違和感を残し、不調和で不安定な感じを与える和音。不調和な関係のたとえにも言う。
・行雲流水(こううんりゅうすい)・・・雲や水のように物事に執着せず、成り行きに任せて行動すること。
・言い得て妙(いいえてみょう)・・・実にうまく言い当てているさま。
・明鏡止水(めいきょうしすい)・・・心が邪念なく澄んで、静かに落ち着いていること。
・窮すれば通ず(きゅうすればつうず)・・・行き詰まると、却って切り抜けるための方法が見つかるということ。
・むつかし・・・むずかしい(京ことば)
・花も実もある・・・見た目が美しいだけでなく、中身も充実していること。
・雪を欺く・・・女性の肌の白さについて表す。
・願ったり叶ったり・・・願いや希望のとおりになること。
・音に聞く・・・噂に聞く、名高い、有名である。
・雲を掴む・・・物事が不明瞭で漠然としていること
・風の便り・・・どこからともなく伝わってくるウワサ。
・話の触り・・・話の山場、要点。『話の最初』という意味ではない。
・かなん・・・いやだ(京ことば)
・一知半解(いっちはんかい)・・・少し知っているだけで、自分のものになっていない。
・女心と秋の空・・・男性に対する女性の心は、秋の空の如く変わりやすいというたとえ。
・男心と秋の空・・・女性に対する男性の心は、秋の空の如く変わりやすいというたとえ。
・一挙両得(いっきょりょうとく)・・・一つの行動で二つの利益を得ること。
・まかぬ種は生えぬ・・・何もしなくては良い結果は得られないことのたとえ。
・日進月歩(にっしんげっぽ)・・・日々絶え間なく進歩し続けること。

▼カイとヤスのしょうもないやり取りをもっと観たい御方はコチラ▼

ほな、また。

Kikujiro

//

【参考文献】
『マンガで身につく 大人の語彙力』 斎藤孝 扶桑社
『京ことばの辞典』 大原穣子 研究社


雑学・豆知識ランキング

次のページ 自分らしさは勝手に出てくる

前のページ 宇宙の真理 -三角形の話-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *