動詞 avoir

【写真】エトワール凱旋門(モダンアートなラッピング中)

 今回はフランス語の動詞 “avoir” を解説します。

 ”avoir”は、英語の”have”に該当し、フランス語において頻繁に使われる動詞です。これがまた be動詞”être”と同様に、人称代名詞によって不規則な変化をします。そんな現実と向き合う覚悟がある御方は以下をご覧ください。はじめに動詞”avoir”の活用形、次に例文、そして、発音はソニア先生から教わります。
 宜しゅうおたのもうします。

 

 動詞 avoir

 avoirは英語の”have”に当たり「持つ」という意味以外にも多くの慣用表現のために使われます。また、「複合過去」という過去の表現をするときには助動詞として使われます。
 フランス語では使用頻度の高い動詞であり、不定詞です。不定詞とは動詞の原形です。そして、動詞 avoirは人称および単数形と複数形の違いによって、動詞の原形が皆無なほど不規則に変化します。
 詳しくは以下の一覧表に記載します。

単数 複数
 j’ai  nous avons
 tu as  vous avez
 il a  ils ont
 elle a  elles ont

 

【例文】※ソニア先生の動画より



 J’ai vingt-cinq ans.
 (私は25歳です。)
 (I’m twenty-five years old.)



 Tu as des beaux yeux.
 (あなたは綺麗な目をしています。)
 (You have beautiful eyes.)



 Il a une pettie soeur.
 (彼は妹がいます。)
 (He has a younger sister.)



 Nous avons une maison.
 (私たちは家を持っています。)
 (We have a house.)



 Vous avez une voiture.
 (あなたたちは車を持っています。)
 (You have a car.)



 Ils ont les même classes à l’école.
 (彼らは学校で同じ授業を持っています。)
 (They have the same classes at school.)

 

 続いて、avoirに関する発音や例文をソニア先生から教わります。

Au revoir!(ほな、またね!)

Kikujiro

【参考文献】
仏検公式基本語辞典 3級4級5級 フランス語教育振興協会


フランス語ランキング

目次に戻る(フランス語ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *