フランス語のbe動詞-être-

【写真】ルーブル美術館(パリ)

  今回はフランス語のbe動詞 “être” を解説します。ここへ来てようやく構文の解説に入ります。今までフランス語の意味もよく分からないままご覧になられた皆様、本当にありがとうございます。この辺りからようやくフランス語の解説っぽくなります。

 英語で言うところのbe動詞は “am”, “are”, “is” などです。それと比較すると、フランス語のbe動詞は種類が多く見えます。(というより、ホンマに種類が多い)というのは、フランス語では人称代名詞が単数のときと複数のときでbe動詞が異なるからです。
 英語では必ずしもそうではありません。例えば、”You”のbe動詞は単数扱いで”are”、複数扱いで “are”。”She”の be動詞は単数扱いで “is”、複数扱いでは主語人称代名詞が”They”になって、be動詞は複数扱いで”are”になります。というわけで、フランス語のbe動詞はちぃと種類が多いかもしれません。
 はじめに人称代名詞、次にbe動詞 “être”、そして例文。
 最後に、発音はソニア先生から教わります。
 宜しゅうおたのもうします。

 

 人称代名詞

 フランス語で主語として使われる人称代名詞は以下の通りです。

単数 複数
  je
  わたしは
  nous
  わたしたちは
  tu
  君は、あなたは
  vous
  あなたは、あなたがたは、君たちは
  il
  彼は、それは
  ils
  彼らは、それらは
  elle
  彼女は、それは
  elles
  彼女らは、それらは

 

 tuは「親称」で、家族や友人などの親しい間柄で使われます。それ以外の人に対しては、相手が一人でも複数形のvousを「敬称」として使います。
 なぜかというと、vousには「あなたは」「あなたがたは」という丁寧な呼び掛け、「君たちは」という上から目線の呼び掛け、以上3つの意味があるからです。便宜上、表中はvousを「複数形」に記載していますが、vousは単数扱いにもなります。なので、vousは便利です!

 

 動詞 être

 êtreは英語のbe動詞に当たり「~である」「いる、ある」という意味です。フランス語で最もよく使われる動詞であり、不定詞です。
 文字通りに定まらない言葉なので、人称および単数形、複数形によってそれぞれ原形が皆無なほどに変化します。
 とはいえ、この複雑な活用形の種類を理解する面倒くささに打ちひしがれて嘆いても、時間は待ってくれないし現実は変わらないので、何遍も読み書きや会話をして活用形に親しみましょう!習いながら慣れましょう!

単数 複数
 je suis
 わたしは~です
 nous sommes
 わたしたちは~です
 tu es
 あなたは~です
 君は~です
 vous êtes
 あなたは~です
 あなたがたは~です(君たちは~です)
 il est
 彼は~です
 それは~です
 ils sont
 彼らは~です
 それらは~です
 elle est
 彼女は~です
 それは~です
 elles sont
 彼女らは~です
 それらは~です

 

【例文】

 Je suis Japonais.
 (私は日本人です。)
 (I’m Japanese.)

 Nous sommes Français.
 (私たちはフランス人です。)
 (We’re French.)

 Tu es occupé?
 (君は忙しい?)
 (Are you busy?)

 Vous êtes en retard.
 (あなた(がた)は遅刻しています。)
 (You’re late.)

 Il est chanteur.
 (彼は歌手です。)
 (He’s a singar.)

 Il sont amis.
 (彼らは友人です。)
 (They’re friends.)

 Elle est très gentille.
 (彼女はとても親切です。)
 (She’s very kind.)

 Elles sont de Londres.
 (彼女たちはロンドン出身です。)
 (They’re from London.)

 

 続いて、êtreに関する発音や例文をソニア先生から教わります。

Au revoir!(ほな、またね!)

Kikujiro

【参考文献】
仏検公式基本語辞典 3級4級5級 フランス語教育振興協会


フランス語ランキング

前のページ フランス語の暦-1月~12月-

フランス語ページの目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *