不定詞の用法

 不定詞は、to + 動詞以降の句を、文中で名詞、副詞、形容詞のいずれかで機能させるものです。ゆえに、不定詞の用法は3つあります。

【不定詞の条件】
 ① 動詞は 原形になる
 ② 動詞は to の後に続く

【例題】

(1)名詞用法: Have you never tried to find a comfort from inside you? は以下のように解釈できます。

・Have you never tried ~? = あなたは試したことがないのですか?(動詞=tried)
・to find a comfort from inside you =心からの充足感を見つけることを(目的語)

目的語は動詞の対象となるものです。
このように to+不定詞~の文が目的語になる場合、その不定詞は名詞用法となります。ここでは、to find~ は名詞句になります。

(2)副詞用法: Have you never been happy just to hear your song? は以下のように解釈できます。

・Have you never been happy (?) = あなたは愉快になったことはないのですか(?)(動詞+形容詞 = been+happy)
・just to hear your song = ただあなたの歌を聞いて(=ただあなたの(好きな)歌を口ずさんで)(副詞)

副詞は、動詞または形容詞を修飾するものです。
ここでは『口ずさんで』が『愉快になる(動詞+形容詞)』を修飾しています。このように、to+不定詞~の文が動詞または形容詞を修飾する場合、その不定詞は副詞用法となります。ここでは、to hear~は副詞句になります。ちなみに、hear your songを直訳すると『あなたの歌を聞く』となりますが、その日本語はこの文脈では不自然なので『あなたの歌を口ずさむ』と意訳しています。

(3)形容詞用法: You need someone to take your handは以下のように解釈できます。

・You need someone=あなたは誰かを必要とする(主語=You、動詞=need、名詞=someone)
・to take your hand=あなたの手を取って支えるための(形容詞)

形容詞は名詞を修飾します。この文ではto take your handの一節が形容詞の働きをして、名詞のsomeoneに掛かっています。このように、to+不定詞~の文が名詞を修飾する場合、その不定詞は形容詞用法となります。ここでは、to take~は形容詞句になります。

以上、不定詞の用法3つ(名詞、副詞、形容詞)をご紹介しました。

不定詞は英語の基本なので是非とも覚えておきましょう。

【復習】

① I like to play soccer.
(私はサッカーをすることが好きです。[名詞用法])

② I came directly to meet you.
(あなたに会うために駆け付けてきた。[副詞用法])

③ I want something to drink.
(何か飲み物がほしい。[形容詞用法])

※②を使う場面は、例えば、意中の相手に約束も無く会いに行ったとき。

また、例文(1)~(3)の英語はある有名な楽曲からの抜粋となります。元ネタを知りたい御方は下記をクリックしてください(同サイト内の記事です)。

Have you never been mellow?

ほな、おおきに。

Kikujiro

//


ビジネス系資格ランキング

次のページ 前置詞:as 【役割】を表す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *