前置詞:at 【限界】を表す

 at には 物事の 【限界】を表す意味があります。以下にいくつかの例文を記載します。

He passed the exam at last.
(彼はようやく試験に合格しました。)
※at last:(長い時間が掛かって)ようやく、ついに

We will be able to obtain the result by July at the latest.
(遅くとも、7月までには結果が出る。)
※at the latest:遅くとも

I would like to discuss with you some pending issues by next week at the earliest.
(早ければに来週中に未解決の問題のことを話し合いたいです。)
※at the earliest:早ければ

The market analysis is going to take a month at least.
(市場分析には少なくとも一ヵ月掛かる。)
※at least:少なくとも

Because our project is at stake, we need to work together more.
(私たちの企画の成功が掛かっているので、いっそう協力する必要がある。)
※ be at stake:~が掛かっている

That’s all. See you next time!

Kikujiro

//

【参考文献】
前置詞の意味と使い分けが分かるマスターブック:ベレ出版 大島さくら子
日商ビジネス英語 検定2級 公式テキスト:日本能率協会マネジメントセンター


ビジネス系資格ランキング

次のページ 前置詞:by 【近接】を表す

前のページ 前置詞:at 【動作の対象】を表す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *