前置詞:to 【関係性・対比】を表す

 to には 「~に対して」 という意味があります。そこから転じて、ある人に対してどのような関係にあるのかという【関係性】を表す文脈において、しばしば to が使われます。以下に例文を記載します。

・Keiko is related to him.
(ケイコは彼と血縁関係にある。)

・She is the new assistant to Mr.Ono.
(彼女が小野氏の新しいアシスタントだ。)

・The actor has been married to his wife, Mari, for 20 years.
(その俳優は妻のマリと20年間の結婚生活を送っている。)

 また、「~に対して」に関連して、「2対3」 のような対比を表すような場合にも to が使われます。試合のスコアなどもこれに含まれます。

・Mix 1 part water to 2 parts vodka.
(水とウォッカを1対2の割合で混ぜます。)

・We won the game 4 to 1.
(私たちは4対1で試合に勝った。)

 以下の二つも「~に対して」 という対比を表していると考えられます。

・I prefer coffee to tea.
(私はお茶よりもコーヒーのほうが好きだ。)

・Your problem is nothing to the one that I have.
(君の問題は、私が抱えているそれに比べれば何でもない。)

That’s all. See you next time!

Kikujiro

//

【参考文献】
the japan times alpha FRIDAY, AUGUST 21, 2020


国際交流ランキング

次のページ 前置詞:to 【到達点】を表す

前のページ 前置詞:of の慣用表現(ビジネス英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *