生きるにはコストが掛かる

 生きるためにはコストが掛かる。ここでいうコストとは「お金」と「時間」のこと。

 一般的に、豊かな生活を送るにはお金と時間の両方に一定の余裕があるのが望ましいと言われている。

 例えば、お金を使うことで時間を短縮することができる。

 お弁当を買えば自分で料理する時間を省ける。

 新幹線を使えば在来線を使うより早く目的地に到着できる。

 執事を雇えば家事をする時間が省ける。

 お金で時間を買うようなものである。

 しかし、お金が無ければ時間を掛けるしかない。

 臨機応変に対応してお金に余裕ができれば良いが、悪循環に陥ってしまうとお金も時間も徐々に搾取されてジリ貧になってしまう。

 豊かな生活のためには、時間にもお金にも一定の余裕を持ちたい。

 家計に余裕を作るには、収入を増やすか、支出を減らすしかない。

 収入を増やすにはその活動のために時間が掛かる。そのため、時間に余裕が無ければ支出を減らすのが合理的である。

 そこでやはり手っ取り早いのは暮らしに使うお金の無駄を節約することではないか。

 理想は、お金を節約することの目的から考えて、具体的な節約金額を決めることである。

 まずは、現在の収入をもとに無理なく生活することを第一に考えると、月収の2割程度を貯金に回すのが無難だと言われている。

 例えば、現状が手取り20万円なら、16万円を生活費に割り当て、残りの4万円を貯金に回す。

 そして、16万円の生活費の中で「自己投資」に使うお金を確保して、「消費」と「浪費」を抑えることである。

お金の使い方には「投資」「消費」「浪費」の3つがある。

 投資:支払った金額がそれ以上の価値を生み出すもの。

 例えば、英会話教室に支払うお金。それを自分の能力として定着させ、よりハイレベルな仕事をして結果を出せば、自ずと年収が上がる。つまり、将来的には支払った金額以上に受け取る金額が多くなる。

 消費:支払った金額が受け取る価値と等しいもの。

 例えば、普段の食事、生活必需品などに支払うお金。

 浪費:支払った金額が受け取る価値を下回るもの。

 例えば、全く乗らずに廃却処分となったバイクに支払ったお金。買ってから読まずに積んでいる本、買ってから全く着ていない服などに支払ったお金。

 ちなみに私は毎晩の如く晩酌をしているが、2杯までを「消費」、3杯以上は「浪費」と、個人的なルールとして決めている。

 お酒を飲む人は、酔いたいから呑んでいるわけだが、ベロベロになるまで飲むのはいろんな意味で非常に危険である。その戒めとして、2杯目が限界効用。3杯以上は「浪費」と自分のルールとして勝手に決めている。

 目標のために必要なお金、そして理想とする生活水準は人それぞれであるが、生きるためにコストが掛かっているのは皆同様である。

 今、自分が費やしているコストは 「投資」「消費」「浪費」のうちどれにあたるのか? これを意識して生活したいものである。

 「これが無くても普段の生活に困らないよね?何か将来的に困ることないよね?」とか「ここまでお金を掛ける必要があるの?」というモノは、改めて考えてみると結構見つかる。

 例えば、飲み屋に通うのを控えて宅飲みにしたり、化粧品に費やすお金を減らしたり。

 健康や美容に高いお金を掛けることが正しいと思っている人は一度考え直したほうが良いかもしれない。インターネットで情報を調べれば、お金を払わずにそれらの正しい知識を得ることができる。(※注意:情報の信頼性を見極めること)

 そうすれば、今まで健康食品や美容液に使っていたお金を低減する、あるいは無くすことができる。

 そもそも、高いお金を掛けているにも関わらず全く成果が見られなかったら、それはもはや時間もお金も「浪費」しているに過ぎない。

 そして、「浪費」はできるだけ減らして、将来への「投資」をしたいものである。

ほな、おおきに。

Kikujiro

//

【参考文献】マンガでまる分かり!1時間で身につく お金の教養ー貯まる法則、増える法則ー 泉正人 幻冬舎


雑学・豆知識ランキング

次のページ コーヒーの雑学 -Coffee trivia-

前のページ やはり見た目は大事 -7 ELEVEN-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *