英語では伝わらないカタカナ語

 カタカナ語には、英語と同じ意味になるものもあれば違うものもあります。ここでは、英語と違う意味になるカタカナ語をいくつかご紹介します。

 

 リストラ

 

 日本では 「人員削減」 の意味で使われます。英語では restructure / restructuring に該当し、「再編成」 「再構築」 「構造改革」 を意味します。英語でいう 「人員削減」 は、staff reduction, downsizing です。(動詞:downsize)

The company conducted staff reductions as part of their corporate restructuring.
(その会社は企業再編の一環として人員削減を実施した。)

Recession forced many companies to downsize.
(景気後退は多くの企業に人員削減を余儀なくさせた。)

  

 クレーム

 

 日本では 「苦情」 「不平」 の意味で使われます。英語では claim に該当し、「主張する」 「断言する」 を意味します。英語でいう 「苦情」 「不平」 は、complaint です。(動詞:complain)

The custmer made a complaint about the service to the manager.
(お客は支配人に対して、サービスについて苦情を申しつけた。)

   

 チャレンジ

 

 日本では 「挑戦する」 「取り組む」 の意味で使われます。英語では challenge に該当し、主に「誰かに競争を挑む」 「誰かを挑発する」 「疑問を投げかける」 「異議を唱える」 「奮起させる」 を意味します。英語でいう 「挑戦する」 「取り組む」 は、take on / take up a challenge です。 また、 try to~ (~しようとする)、aim to ~ (~することを目指す)のように言い換えることもできます。

I tried to persuade her but she didn’t agree.
(私は彼女を説得しようと試みたが、彼女は同意しなかった。)

These picture books are aimed to enhance a child’s imagination.
(これらの絵本は子供の想像力を高めることを目指している。)

  

 サービス

 

 日本では 「無償」 「無料」 の意味で使われます。英語では service に該当し、「奉仕」 「業務」 を意味します。英語でいう 「無料」 は、free , free of charge , no charge などと表現します。

I got it for free.(無料で手に入れた。)
There was no charge.(無料だった。)

   

 アンケート

 

この言葉はフランス語の enquête に由来します。日本では 「調査」 「問い合わせ」 の意味で使われます。英語では survey、questionnaire などと表現します。

We asked them to fill out a questionnaire.
(私たちは彼らにアンケートの記入をお願いした。)

She took a survey at the class.
(彼女は教室でアンケートをとった。)

That’s all. See you next time!

Kikujiro

//

【参考文献】
the japan times alpha FRIDAY, JULY, 9, 2021
英語のワナにはまるな!これが正しい選択だ!! ジェームス・M・バーダマン IBCパブリッシング


国際交流ランキング

前のページ 助動詞『shall』(英文契約書編)

次のページ 英語でも伝わるカタカナ語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *