関東弁と関西弁のアクセント

関東弁と関西弁ではアクセントが全く違います。
そして、両者には以下の特徴があります。

【関東弁】(共通語、標準語)
・一拍目と二拍目が必ず逆転する
【関西弁】
・高い音(H)または低い音(L)が続く

 関東弁の特徴は関西弁にはあまり見られません。一方、関西弁の特徴は関東弁には全く見られません。

 言わば、これらの特徴を念頭におくことが、関東弁、関西弁を習得するポイントになります。具体例を以下に挙げます。

L :低い音
H:高い音

※アクセントには地域差や個人差がありますので、参考程度に捉えて下さい。

【関東弁】(共通語、標準語)
①きのう、きょう、あした
 LHH、HLLHH
②きょうは めっちゃ さむい
 HLL HLL LHL 
③はるが まちどおしい
 HLL LHHHHL
④さくらが さいたら はなみに いきたい
 LHHH LHHL LHHH LHHL

【関西弁】
①きのう、きょう、あした
 HLL、LH、HHH
②きょうは めっちゃ さむい
 LHL LLL HLL
③はるが まちどおしい
 LHL HHHHLL
④さくらが さいたら はなみに いきたい
 HHHH HLLL LLLL HHLL

これにつきまして、大阪のおっちゃんによる参考動画をご紹介します(「大阪おっちゃんねる」より)。言葉のアクセントは様々で面白いですね。

ほな、おおきに!

Kikujiro

//


国際交流ランキング

次のページ 京都弁の助動詞『はる』

京ことばの目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *