関西弁『~てん』

 今回は関西弁のご紹介です。『~てん』は、短く話せるのでとても便利な言葉であり、関西弁の中でも非常によく使われる表現です。
 ただ、敬語ではありませんので、目上の人には『~てん』を使わず、丁寧な敬語を使うのが良いでしょう。『~てん』は、親しい仲間同士で使うのが一般的です。

~てん

【意味】~したんだ、~してるんだ

【例文】

 俺な、チャリンコ乗って、本屋立ち読み行ってん。 ほんで、五分ほど立ち読みして帰って来てん。チャリンコまたがってん。チリンチリンあらへんかった。
(俺な、自転車に乗って本屋に立ち読みに行ったんだ。それで、五分ほど立ち読みをして帰って来たんだ。自転車にまたがったんだ。チリンチリンが無かったんだ。)
※ M-1グランプリ2006 最終決戦 チュートリアルのネタ『自転車のチリンチリン』より引用

 標準語は()で表しています。関西弁は短いフレーズで話せているのが分かります。また、関西弁は助詞(『を』『が』『は』『に』など)を省略して話すのが特徴なので、それも相まってフレーズが短くなっています。

 関西弁『~てん』の具体例及びフレーズのアクセントについては、大阪のおっちゃんによる解説動画をご参照ください。
 (出典:【関西弁講座】 大阪おっちゃんねる)

▼関西弁『~てん』の使い方▼

ほな、またね☆彡

Kikujiro

//



国際交流ランキング

前のページ 『ほんで』

次のページ 『そないに』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *