AIR -劇場版-

出典:©️VisualArt’s /Key / 東映アニメーション / フロンティアワークス
(Source:©️VisualArt’s /Key / Toei animetion / Frontier works) 

これは、運命と輪廻に導かれし男女の儚い恋物語。
季節は夏。そして僕は毎年、夏にこれを思い出し、繰り返し鑑賞するのです。

【This is a fleeting love story between men and women, guided by fate and reincarnation. It’s a story in summer. And then, every summer reminds me of this and I appreciate it over and over.】

「AIR -劇場版-」

【AIR -film-】

 「昔々あるところに、翼のあるお姫様がおりました。お姫様はひとりぼっちで、ただ一人の友達も持ってはいないのでした…」
 海と空が見えるその小さな町には、はるか昔から伝わる物語があった。背に白い翼を持った姫と、彼女を護衛した青年の悲しい恋の物語だ。

【“Once upon a time, there was a princess who had wings. The princess was completely alone, without a single friend…”
 In the little town where you could see the ocean and sky, there was a story that has been passed down from generations. It is the sad love story of a princess who had white wings on her back, and a young man who guarded her.】

 姫君は、その異様な姿のために屋敷に閉じ込められ、外の世界を見たことさえなかった。遠くに母親がいるらしいと聞いたことはあっても、会いに行くなど到底無理な話である。ある時、ひとりぼっちだった姫君の前に一人の青年が現れる。青年は姫君に外の世界の話を聞かせ、喜ばせる。そして、姫君と青年はいつしか恋に落ちていく。しかし、翼を持つものには、恋をしてはならない、という呪いがかけられていた…。

【Because of her strange appearance, the princess was kept  locked in a mansion, and has not seen the outside world. She heard her mother may be somewhere out there, but it was impossible to go and see her. One day, a young man appeared in front of the princess. The young man told the princess of the outside world, and made her happy. Then, the two of them began to fall in love. However, the princess was under a curse that did not allow her to fall in love…】

 少女 - 神尾観鈴は、一人ぼっちの自分と、物語の姫君を重ね合わせていた。病気がちな観鈴は学校にも行かず、友達もいない。この町から出たこともない。でも、いつか自分にも、姫君と同じような出会いが待っているかもしれない…。
 そんな観鈴の前に、一人の青年 - 国崎住人(くにさき ゆきと)が現れる。彼は人形芸をしながら旅をしている青年だった。彼には、死んだ母親から伝えられた言葉があった。「空にいる少女を救って」

【A young girl named Misuzu Kamio, who was also alone, identified with the story of the princess. As she was prone to illness, Misuzu did not go to school, and did not have any friends. She has also not been outside of her town. But, she has been hoping to find love one day, just like the princess.
  One day, a young man named Yukito Kunizaki appeared in front of Misuzu. He was a travelling puppeteer. He had one word from his mother before she died. “Save the young girl in the sky.”】

 呪いを受けながらも恋をした翼の姫君と護衛の青年。翼の姫君に自分を重ねる少女。そして「空にいる少女」を救う旅をする青年…。現在と過去が交錯し、思いが時を超えていく。それぞれの恋はどのような結末を迎えるのか…?

【A young man on guard duty, who fell in love with a cursed, winged princess. A young girl who identified with the winged princess.  And the young man who was on a journey to “save the young girl in the sky.” Interlacing the present and past, their thoughts go beyond time. How will each of their love stories end?】

 

主題歌【Theme song】

・・・何遍聴いても、神曲やわ。

ほな、またね。

KIkujiro

//


国際交流ランキング

次のページ SHIROBAKO 『働く』とは何か?

前のページ 食パン工房 Le.Pain (ルパン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *