理由を説明する3つの表現

理由を説明する3つの表現

 コミュニケーションにおいては「理由」の説明を求められる場面が多々あります。ここではその前置き言葉として使われる表現を3つ紹介いたします。 また、これらは largely(多分に) / mostly(主に) / main…

「お疲れさま」を英語で言うとき

「お疲れさま」を英語で言うとき

 英語では、日本語の「お疲れさまです」に直訳できる言葉がありません。相手や状況に合った言葉を使います。というわけで、今回は「お疲れさま」を意味する言葉の使い分けについて、「時間帯」「帰りしな」「労うとき」の3つの場面ごと…

上手な断り方 -How to refuse politely-

上手な断り方 -How to refuse politely-

 普段、会社などで仕事をしていると、時に職場の同僚や仲間、上司、取引先などから飲食に誘われる機会があります。  社外での交流は気分転換になったり、新たな人間関係の発展に繋がったりします。また、他部署や取引先などが関わる少…

何かを丁寧に頼むとき

何かを丁寧に頼むとき

 英語で頼み事をするとき、文頭にpleaseを付けると丁寧に見えますが、実際には「please + 動詞」は一方的で命令口調に聞こえてしまいます。また、相手に選択肢や断る余裕を与えないような言い方になり、上から目線のニュ…

those+修飾語 = ~な人々

those+修飾語 = ~な人々

 thoseは、後ろに何らかの修飾語を付けることで「~な人々」という意味を表します。例えば、those who~(~する人々)や、those surveyed(調査を受けた人々)のように、修飾語のはじめには関係代名詞や過…

主語+be動詞の省略

主語+be動詞の省略

 接続詞 while, when, if などに続く主語+be動詞は省略されることがあります。特に、接続詞の中の主語が主節の主語と同一であることが文脈上明らかな場合には省略されます。省略されるのは動詞がbe動詞の場合のみ…