I’ve Never Been To Me

 この曲のタイトルは『愛はかげろうのように』と和訳されるみたいですが、なんでなん!?・・・という印象で全く理解できません。しかし、それよりも、この歌が言わんとしている主旨を理解することが大事なわけです。

 この歌では、 いろいろと人生を派手に生きてきた女性が 「楽園なんてどこにもなかった。でも真実は確かに存在する。現実にあるかけがえのないものに気付いてほしい」と、現在の家庭環境に嘆く女性に対して呼び掛けます。

『I’ve Never Been To Me』

作詞:Ron Miller, Kenneth Hirsch
作曲:Ron Miller, Kenneth Hirsch
歌 :Charlene

Hey, lady, you lady cursin’ at your life.
(ねぇ、あなた。人生に嘆いているそこのあなた。)
You’re a discontented mother and a regimented wife.
(良き母と妻であることに、かなり疲弊しているようね。)
I’ve no doubt you dream about the things you’ll never do.
(あなたは、本当はやりたかったことを振り返って空想しているのでしょうね。)
But I wish someone had of talked to me like I wanna talk to you…
(だけど、私は思うの。誰かが私に教えてくれていたなら良かったのにって。私がこれからあなたに話すようなことを。)

Ooh I’ve been to Georgia and California and anywhere I could run.
(ジョージア、カリフォルニア、行ける所ならどこへでも行ったわ。)
Took the hand of a preacher man and we made love in the sun.
(牧師の手をとって、日差しの下で愛し合ったこともあった。)
But I ran out of places and friendly faces because I had to be free.
(ともかく、慣れ親しんだ人々や環境から逃げ出したの。自由になりたかったから。)
I’ve been to paradise but I’ve never been to me.
(でもね、楽園のような場所に行ったけど、そこに本当の自分は居なかったわ。)

Please lady, please lady. Don’t just walk away.
(ねぇ、あなた、お願い、行かないで。)
‘Cause I have this need to tell you why I’m all alone today.
(というのは、私が独りぼっちになった理由をあなたに伝えなければならないから。)
I can see so much of me still living in your eyes.
(あなたには当時の私の面影が確かに見えるの。)
Won’t you share a part of a weary heart that has lived a million lies?
(嘘にまみれて疲れ果てた心を、少し分かち合ってみない?)

Oh I’ve been to Nice and the Isle of Greece while I slipped champagne on a yacht.
(ニースやギリシャの小島にも行ったわ。シャンパングラスを片手にヨットに乗って。)
I’ve moved like Harlow in Monte Carlo and showed ‘em what I’ve got.
(モンテカルロでは女優のハーローのように夜の蝶を気取って、自分をひけらかしたわ。)
I’ve been undressed by kings and I’ve seen some things that a woman ain’t supposed to see.
(大富豪たちの望むままに扱われ、普通の女性ではできないような体験もしたわ。)
I’ve been to paradise but I’ve never been to me.
(でもね、楽園のような場所に行ったけど、そこに本当の自分は居なかったわ。)

Hey, you know what paradise is… It’s a lie.
(あのね、楽園なんてものは・・・そんなものは嘘よ。)
A fantasy we create about people and places as we’d like them to be.
(私たちが勝手に作った幻想なの。他人や環境にそうあってほしいって空想しているだけ。)
But you know what truth is… It’s that little baby you’re holding and it’s that man you fought with this morning.
(それで、真実はね・・・あなたが抱いている幼子、そして今朝ケンカした彼のこと。)
The same one you’re going to make love with tonight.
(夜にはその同じ人と愛し合うのよ。)
That’s truth, that’s love.
(それこそが真実であり、本当の自分。それこそが本当の愛なの。)

Sometimes I’ve been to cryin’ for unborn children that might have made me complete.
(時々、授からなかった子供たちを想って涙を流すこともあった。私を完備に満たしてくれたかもしれないから。)
But I took the sweet life and never knew I’d be bitter from the sweet.
(そして、甘美な人生を選んだつもりだけど、現実はそれとは程遠い辛酸なものになるなんて思いもしなかった。)
I spent my life exploring the subtle whoring that cost too much to be free.
(媚びるように自分の心と体を売って生きてきたけど、自由の代償は高く付き過ぎたわ。)
Hey lady, I’ve been to paradise but I’ve never been to me.
(だからね、あなたには分かってほしいの。楽園のような場所に行ったけど、そこに本当の自分なんて居なかったわ。)

//

 「I’ve never been to me」の作詞作曲はアメリカの音楽家、ロン・ミラー(Ron Miller)とケネス・ハーシュ(Kenneth Hirsch)による共作となっています。

 シャーリーン(Charlene)が歌う楽曲が世界的な大ヒットとなり、名曲となりました。彼女の楽曲としては、1977年にリリースしたアルバムに含まれる曲と、1982年にシングル版で改めてリリースされた曲があり、後者によって世界的に認知度が広まりました。この楽曲はこれまでに世界中の音楽家によって広くカバーされています。

▼ご本人の歌唱です▼

ちなみに、この曲の詳しい解説は、菊地次郎の著書に書かれています。

▼興味のある方はクリック▼ 宜しゅうお頼み申しますm(_ _)m 

ほな、またね。

Kikujiro

//

他のページ

Turn It Into Love (邦題:愛が止まらない)

All The Things You Are -君は我が全て-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *