『セーダイ』

【東本願寺(京都市下京区)】

 広辞苑によると、「せいだい(盛大)」の意味は以下の通りです。

せいだい(盛大)

【意味】集会、儀式などが盛んで大きいさま。
 (例)「盛大に祝う」「盛大な拍手」

 一方、京ことばにおける「セーダイ」の意味は以下の通りです。

セーダイ

【意味】一生懸命、うんと、精を出して。

「セーダイ」のアクセントは以下の通りです。
(H:高音 L:低音)
 ※アクセントには個人差・地域差があります。

LLHL
セーダイ

(標準語:「せいだい(盛大)」のアクセントは LHHH )

【例文】 ※アクセントは参考程度にされてください。

LLHL、HHHHHHHHHH
セーダイ、気張らしてもらいます。
(精一杯、頑張らせてもらいます。)

LLHL、LLLH!
セーダイ、おきばり!
(一生懸命、頑張って!)

LLHL、LLLLHL!
セーダイ、おきばりやす!
(一生懸命、頑張ってください!)

 また、例の大阪のおっちゃん(YouTube関西弁講座 -大阪おっちゃんねる-運営者)に尋ねたところ、大阪市では「セーダイ」はシニアの方がよく使っていて、30代以下はあまり使っていないとのことでした。

 ただ、「一生懸命 頑張って!」よりも「セーダイ お気張り!」のほうが短く言えるので使いやすい感じがします。※筆者の感想です。

 例えば、真冬の日に外でじっとしてたら、それはサッブイサッブイですわ。ほんでも、LLHL気張ってカラダ動かしたらアッツイアッツイになってくる思いますよ。

 ・・・このように同一の単語を重ねた言葉をジョウと言います。
 これも京都弁の特徴的な言い回しです。

関連記事:『ジョウ
https://melodies-of-days.com/languages-kyoto_dialect-speech5/

ほな、おおきに。

Kikujiro

【本記事の参考文献】
「もっと!もっと!京ことば <夏><冬>」
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社

目次に戻る【京ことば(京都弁)のページ】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *