『なんぼ?』

『なんぼ』は多用途な言葉です。

【アクセント】高音:H 低音:L

LLH

【意味】

①どれだけ(回数、量について)
【例】自分、なんぼ言われたかてわからへんなぁ。
 (お前、何度言われても分からないなぁ。)

②いくら(金額、数量について)
【例】これ、なんぼですか?
 (これ、いくらですか?)

③いくつ(年齢、サイズについて)
【例】あの俳優さん、なんぼなん?
 (あの俳優さんは何歳なの?)
【例】服のサイズ、なんぼやったっけ?
 (服のサイズはいくつだったっけ?)

▼こんな言い回しもあります▼

④なんぼなんでも(意味:いくらなんでも)
【例】あいつ、なんぼなんでも怒りすぎやろ。
 (あいつ、いくらなんでも怒りすぎだろ。)

【参考動画】「なんぼ」の使い方(大阪おっちゃんねる)

 

 高級料亭に行ってようけ注文したら、お会計がLLHか、わからんようになることもあります。

 そこで身の丈に合わんような食事をして、たくさんお金を払ったら、今度はセーダイ気張って、仕事をせなあきませんね。

関連記事:『セーダイ』
https://melodies-of-days.com/languages-kyoto_dialect-phrase13

ほな、おおきに。

Kikujiro

【本記事の参考文献】
「もっと!もっと!京ことば」 <冬>
「京ことばの辞典」大原穣子 研究社

目次に戻る【京ことば(京都弁)のページ】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *