「日本語は難しい」それはなぜか?

 「日本語は難しい」という意見は多い。そして、これを主張している人々が英語を母国語とする外人さんなのです!

 英語圏の人々にとって日本語の習得は困難であり、その逆も然り。日本人にとって英語の習得は困難と言われています。

 なぜか?・・・その大きな理由は、英語と日本語とでは構文の単語がほぼ逆になることにあると思われます。

 特に、動詞の位置が英語では前、日本語では後ろになります。

 また、日本語ではたびたび主語が省略され『誰が?』の部分が分かりにくいという側面もあります。

 ・・・ここに言語の典型的な5パターンの構文①~⑤があります。

 ・主語(S) :Subject
 ・動詞(V) :Verb
 ・補語(C) :Complement
 ・目的語(O):Object

構文①:S + V

英語  :I know. (私は知っています。)【主語+動詞】

日本語 :(私は)知っています。【主語+動詞】

 ⇒このパターンは英語と日本語で構文は同じ。(しかし、日本語の日常会話では主語(私は)が、たびたび省略される。)

構文②:S + V + O

英語  :This is a pen. (これは~です。ペン。)【主語+動詞+目的語】

日本語 :これはペンです。【主語+目的語+動詞】

 ⇒このパターンでは英語と日本語で動詞と目的語の位置が逆さま。動詞について英語は前、日本語は後。

構文③:S + V + C

英語:
I became a teacher. (私は~になりました。教師。)
 【主語+動詞+補語】

日本語:
 私は教師になりました。
 【主語+補語+動詞】

 ⇒このパターンでは英語と日本語で動詞と補語の位置が逆さま。動詞について英語は前、日本語は後。(補語=主語や目的語を説明する言葉。③では「教師」という補語が、主語の「私」を説明している。)

構文④:S + V + O + C

英語:
 You make me smile.(あなたは~させる。私を。笑顔に。)
 【主語+動詞+目的語+補語】

日本語:
 あなたは私を笑顔にさせる(あなたは私を笑顔にする)。
 【主語+目的語+補語+動詞】

 ⇒このパターンでは英語と日本語で動詞の位置が逆さま。動詞について英語は前。日本語は後。(④では「笑顔」という補語が、目的語の「私」を説明している。)

構文⑤:S + V + O + O

英語:
 I gave you a gift.(私はあげました。あなたに。贈り物を。)
 【主語+動詞+目的語(人)+目的語(モノ)】

日本語:
 私はあなたに贈り物をあげました。
 【主語+目的語(人)+目的語(モノ)+動詞】

 ⇒このパターンでは英語と日本語で動詞の位置が逆さま。英語は前。日本語は後。


 

 この通り、日本語と英語では構文が基本的に語順転換しています。 そこが互いの言語を理解する上で難儀な部分に思われます。しかし、朗報があります!言葉には『倒置法』という技法があります!(※倒置法:言葉を普通の順序と逆にすること)これは詩歌や曲の歌詞によく使われる技法です。

例えば、L’Arc~en~Cielの名曲『flower』(作詞/作曲:hyde)のはじめのフレーズを参照すると、これは倒置法になっています。

 

そう気付いていた 午後の光にまだ 僕は眠ってる

 一方、語順を普通の順序にすると、こんな感じです↓↓↓

僕は午後の光にまだ眠ってることに気づいていた

 ・・・結論の『気づいていた』が後になってしまい、主張が分かりにくくなりましたし、普通に事実を並べているだけで、ポエムとしては味気ない感じになりましたね。詩の赴きを見事に倒置法で表現しているhydeさんのセンスに敬意を表して、歌詞は斜体にしてマーキングいたしました。

上述の①~⑤を倒置法で記述すると以下のようになります。

①:知っていますよ。私は。

②:ペンですね。これは。

③:教師になりました。私は。

④:いつも私を笑顔にしてくれますね。あなたは。

⑤:プレゼントをあげました。あなたに。(私は。)

 倒置法によって主語が強調され、言い回しが若干キザな感じになりますけど(笑)これでもコミュニケーションは取れます。
一方、英語における倒置法(inversion)を例に挙げるなら、やはりスターウォーズ(STARWARS)のヨーダ(Master Yoda)の御言葉でしょうか。

(例)

STAR WARS エピソードⅠより】

倒置法 : Hard to see, the dark side is. 
(困難である。悟ることは。暗黒面が何かを。)

通常  : The dark side is hard to see.
(暗黒面は困難である。悟るのが。)

STAR WARS エピソードⅡより】

倒置法 : Much to learn you still have.
(多くの。学ぶべきことが。お前にはまだある。)

通常  : You still have much to learn.
(お前にはまだある。多くの。学ぶべきことが。)

STAR WARS エピソードⅢより】

倒置法 : Careful you must be when sensing the future, Anakin.
(注意を。お前はする必要がある。未来を感じ取るときは、アナキン。)

通常  : You must be careful when sensing the future, Anakin.
(お前は注意をする必要がある。未来を感じ取るときは、アナキン。)

 蛇足ですが、個人的には、実際にスターウォーズをオリジナル版(英語版)で視聴されることをお勧めします。特にエピソードⅠ~Ⅲにおけるヨーダの独特な言動や立ち振る舞いには深い趣きが感じられます。

 というわけで、英語と日本語の双方に『倒置法』という技法があります。ですから、多少は言葉の語順を間違えてしまっても、それは倒置法として表現することができます。または訂正して言い直してもいいわけです。

 要するに私が言いたいのは、少々の失敗は気にせずに積極的に話すべし!・・・ということです。 Practice makes perfect!

ほな、おおきに。

Kikujiro

【参考文献】『本物の英語力』鳥飼玖美子 講談社現代新書

目次に戻る(雑記ページ)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2022 きくち書房 | WordPress テーマ: Blogghiamo by CrestaProject