に投稿 2件のコメント

はちみつの雑学

 はちみつ、ハチミツ、どちらの表記が適正か?

 分からないが、検索エンジンで引っ掛かりやすいように両方を記載してみた。

 また、平仮名で表記すると、助詞や前置詞との区別が少々ややこしくなるので、

 以下「ハチミツ」と表記する。

 それでは、ハチミツに関する4つの雑学をご紹介しよう。

 ちなみに、難しい漢字にはルビを振っておいたので、

 物怖じすることなく、大船に乗ったつもりで読んでいただきたい。

  

1.ハチミツには数千年の歴史がある

 

 ようほうの最古の記録は古代エジプトまでさかのぼる。

 そこでは、死者に対してハチミツのつぼが与えられていたという。

 スペインでは、そのどうくつへきから、

 人々はそれ以前からハチミツを摂取していたことが分かる。

 11世紀のドイツでは、農民たちはハチミツやみつろうを使って納税していた。

 

2.ハチミツははちによって作られる

 

 ハチミツは、蜂が植物からみつを取るときに作られる。

 蜂は、花蜜を手に入れるために長いチューブ型の舌を使い、花蜜を2番目の胃に確保する。

 花蜜はその胃の中で他の化学物質と混ざる。

 蜂が帰ると、その液体はハチの巣の中に戻される。

 その後、蜂はその液体を密封する前に水分を取り除くため、激しく羽をはためかす。

 これは、冬でもハチミツが固まることなく食べられるようにするためである。

 

3.ハチミツは永遠に持続する

 

 ハチミツはくさらないという点で、非常に特別である。

 ほとんどの微生物がハチミツの中では育たない。

 そのため、ハチミツの壺を密閉して保管すれば、
 そのおいしさはいつまでも保つことができる。

 数千年たった今でも、古代エジプト人の墓で発見されたハチミツは、
 まだ食べることができる。

 ハチミツが結晶化した場合でも、温水をかければ元の液体の状態に戻すことができる。

 

4.ハチミツは切り傷や火傷の薬品になる

 

 火傷した部位にハチミツを塗ると、
 回復が5日間早まるという科学者たちの見解がある。

 また、抗生物質としての用途もある。

 私たちが病気になったとき、医者が与える抗生物質ほど強い作用はないが、
 ハチミツには確かに抗生物質としての効能がある。

 ハチミツには殺菌消毒効果、整腸作用、せき止めなど、
 多くの健康効果があるのも確かである。

▼はちみつの効果について熱く語るサイト▼
https://www.outward-matrix.com/entry/20160421163000

というわけで、あなたの暮らしにもハチミツを取り入れてみてはいかがだろうか。

ちなみに、純度100%のハチミツを、加熱せずに常温で摂取することがポイントだ。

それでは、また。

Kikujiro

目次に戻る【雑学のページ】




はちみつの雑学」への2件のフィードバック

  1. こんにちは、ブログランキングから来ました。
    ハチミツが長く持つのは知っていましたが
    何千年前のハチミツでも食べられるとは凄いですね。
    抗生物質としての効能があるなんて、驚きです。
    ハチミツをきらしているので、すぐに買いに行きたいと思います。

    1. ふうちゃんさん、いらっしゃいませ~☆彡
      そうなんですよ!僕も今回初めて知りましたよ。(笑)
      ハチミツは数千年の時間が経っても健全性を維持できるようです。そんな性質を踏まえると、殺菌消毒効果が高いとか、体調を整える効果があるということにも納得がいくなぁと個人的に感動しました^^。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です