に投稿 コメントを残す

コーヒーの雑学

 コーヒーは世界的に人気の飲み物です。

 日本でも多くの人が愛飲しています。

 海外からは「日本人はスターバックス好きすぎひん?」という意見もあるほど。

 そんなコーヒーですが、意外と知られていない歴史があります。

 というわけで、ここではコーヒーの雑学についてご紹介します。

 

1.喫茶店は常に学びの場であった

 昨今、喫茶店に行くとコーヒーを飲みながら働く人々が度々見掛けられます。

 これは、実は長年の慣例なのです。

 昔、中東の喫茶店は「賢者の学校」として知られており、人々はそこでチェスをしたり、ニュースや時事情報について議論していました。

 だから、あなたが仕事のために喫茶店に行くときは、長年の慣例を引き継いでいることになります。

 

2.コーヒーには多くの言い伝えがある

 コーヒーがどのように発見されたかについては諸説あります。

 一つ目は、エチオピアを旅していたモロッコ人の話です。
 彼はコーヒー豆を食べている元気な鳥を見たとき、自分もそれを食べたら元気になりました。

 二つ目は、オマルという名前の男性の話です。
 あるとき、彼は空腹のため近くにあった苗木のコーヒー豆を食べてみました。
 ところが、とても苦かったので、水で煮てから飲んでみたところ、彼は元気になりました。

 三つ目は、カルディというヤギ飼いの話です。
 あまり信じられていませんが、彼はヤギたちがコーヒー豆を食べた後に、
 とても活発的に行動するのを見たことがありました。
 これが カルディコーヒーファーム(Kaldi Coffee Farm)の名前の由来であると言われています。

【余談】 カルディコーヒーファームのインスタントコーヒー紹介

マイルド(写真:右側)
 オーソドックスなキリッとしたコーヒー。
 原材料はコーヒー豆のみ。
 内容量50g、参考価格は税込¥399。

カフェモカ(写真:左側)
 チョコの香りと深みがある。
 原材料はコーヒー豆とココアパウダー。
 内容量70g、参考価格は税込¥421。


 

Kikujiro

【参考資料】
the japan times alpha MAY 7, 2021 Fujisan Magazine Service Co., Ltd.

目次に戻る【雑学のページ】