に投稿 コメントを残す

ウイスキーの雑学

 ひと昔前、居酒屋に行けば 「とりあえず、生で!」 と言って、
 一杯目は生ビールを注文する人が大多数だった。

 近年のアルコール需要を見ると、昨今は「とりあえず、ハイボールで!」 と言って、
 一杯目にウイスキーを注文する人も大分増えてきたのではないだろうか。
 (ハイボールはウイスキーと炭酸飲料を割ったもの)

 そんなわけで、より私たちの身近になっているウイスキー。

 しかしながら、意外と知られていない豆知識があるので、ここに紹介する。

1. 薬だった

 15世紀頃、アイルランドとスコットランドでは治療薬および痛み止めとしてウイスキーが使われていた。当時の医者にその知識が渡る以前は、修道士がウイスキーを使っていた。

2. 元々は生命の水を意味する

 スコットランドは連合王国に属する。
 スコットランドにはゲール語という言語があった。
 ウイスキーに関する言葉は Uisge-beatha に起因し、ゲール語では「生命の水」を意味する。
 (この意味からウイスキーが薬として使われていたことにもうなずける)

3. 多くの種類がある

 ウイスキーは民間に広く普及し、良いウイスキーを作ることは芸術作品を創作するようなものとなった。ウイスキーには多くの種類がある。

 ・ブレンデッドウイスキー
 ・シングルモルトウイスキー
 ・アイリッシュウイスキー
 ・スコッチウイスキー
 ・バーボンウイスキー
 ・テネシーウイスキー
 ・カナディアンウイスキー
 ・ライウイスキー
 ・ジャパニーズウイスキー など

 他にも種類はあるが、それぞれのウイスキーに独自のルールや製法がある。
 そして “whisky” あるいは “whiskey” のように、綴りにも違いがある。

4. 日本のウイスキーは150年以上前に広まった

 日本初のウイスキーは1870年頃に作られた。
 それはスコッチウイスキーによく似たものだった。

 ウイスキーが日本で広く普及したのは鳥井信治郎によって、
 1923年に山崎蒸留所が開かれた頃だった。

 彼は日本人のために日本製のウイスキーを作ろうとした。


 

ほな、おおきに。

Kikujiro

【参考文献】
the japan times alpha FRIDAY, April 2 , 2021

目次に戻る【雑学のページ】