The Rose

 愛は花であり私たちはその種である・・・と、この歌は語ります。

 非常に強いメッセージ性のある曲なので、人によっては目頭が熱くなるかもしれません。知りませんけど。

 原曲の英語詞と和訳を同時にご紹介します。その後で楽曲の解説をしていますので、ご興味のある御方は最後までお付き合いください。

『The Rose』

作詞:Amanda McBroom
作曲:Amanda McBroom
歌 :Bette Midler

Some say love, it is a river that drowns the tender reed.
(ある人は言う、愛は川であると。それは柔らかな芽を沈めてしまうと。)
Some say love, it is a razor that leaves your soul to bleed.
(ある人は言う、愛は刃物であると。それは血を流す魂を奪う代物であると。)
Some say love, it is a hunger, an endless aching need.
(ある人は言う、愛は渇望であると。それは果てしない苦痛を生み出す欲求であると。)
I say love, it is a flower, and you, it’s only seed.
(私は思う、愛は花であると。そしてあなたはそのかけがえのない種であると。)

It’s the heart afraid of breaking, that never learns to dance.
(傷つくのを恐れている心、それでは決して踊ることの喜びを学べない。)
It’s the dream afraid of wakin’, that never takes the chance.
(目覚めを恐れている夢、それでは決して挑戦はできない。)
It’s the one who won’t be taken, who cannot seem to give.
(何も背負おうとしない者、それでは何も誰かに与えられない。)
And the soul afraid of dying, that never learns to live.
(そして、死を恐れている魂、それでは決して生きることの意味を理解できやしない。)

When the night has been too lonely and the road has been too long,
(夜の孤独に襲われて、道があまりにも遠過ぎると感じたとき、)
And you think that love is only for the lucky and the strong.
(愛とは幸運で強い者にしか手に入らないものだと思ったとき、)
Just remember in the winter, far beneath the bitter snows,
(ちょっと思い出してほしい。冬の肌を刺す雪の深く下には、)
lies the seed that with the sun’s love in the spring becomes the rose.
(種が横たわっていて、それは太陽の恵みを受け、春には薔薇の花を咲かせることを。) 

//

 The Roseは1979年にリリースされた曲です。作詞・作曲はアマンダ・マクブルーム(Amanda McBroom)、歌い手はベット・ミドラー(Bette Midler)です。当時、 全米で大ヒットした曲で、アメリカ映画「ローズ」の主題歌にもなっています。時を越えて、2015年、日本のドラマ「アルジャーノンに花束を」の主題歌としても起用されました。

 この曲には一部始終、真摯な雰囲気があります。というのは、曲調が C major(シー・メジャー=ハ長調)で一貫していて、転調が全くないからです。C majorには真摯な曲が多く見られます。日本の曲で例を挙げると、GLAYの「HOWEVER」(1997年)、SIAM SHADEの「RISK」(1997年)、L’Arc~en~Cielの「さようなら」(1996年「flower」B面)・・・とか。
 この曲はピアノの伴奏から静かに始まり、そこに伸びやかな歌声が重なっていきます。後半になってくるとバックコーラスや管弦楽器が加わって曲を盛り上げます。

▼ご本人の歌唱です▼

ちなみに、「The Rose」の詳しい解説は、菊地次郎の著書に書かれています。

▼興味のある方はクリック▼ 宜しゅうお頼み申しますm(_ _)m

洋楽の教養12 -The Study of Foreign Music-

ほな、おおきに。

Kikujiro

//


音楽評論ランキング

他のページ

Fly Me To The Moon

Turn It Into Love (邦題:愛が止まらない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *